コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱水反応 だっすいはんのうdehydration

翻訳|dehydration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱水反応
だっすいはんのう
dehydration

有機化合物の分子内,もしくは分子間で水分子を脱離する反応の総称。分子内脱水の例としては,アルコールからオレフィン,オキシ酸からラクトンを生成する反応などがある。分子間脱水の例としては,アルコールと酸からエステル,酸2分子から酸無水物を生成する反応など数多くある。生化学的にはデヒドラーゼによる分子内脱水反応が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱水反応
だっすいはんのう
dehydration reaction

脱離反応の一種であり、水が脱離する反応をいう。1分子の有機化合物の分子内で1分子(または2分子以上)の水がとれる反応、および有機化合物2分子から水が脱離して縮合する反応の総称。
 たとえばエタノール(エチルアルコール)の分子内脱水反応では、水が1分子的に脱離してエチレンが生成し(図Aの(1))、2分子間の脱水反応ではジエチルエーテルが生成する(図Aの(2))。硫酸を触媒として加えてエタノールを加熱すると、140℃ではジエチルエーテルができるが、もっと温度を上げて165℃以上にするとエチレンが生成する。
 このほかに、カルボン酸アミドからニトリルを生成する反応、カルボン酸とアルコールからエステルを生成する反応(エステル化)、カルボン酸から酸無水物を生成する反応、アルデヒドやケトンとヒドロキシルアミンからオキシムを生成する反応など、多くの反応が知られている(図B)。2分子間の脱水で新しい一つの分子を生ずる反応は脱水縮合反応とよばれる。
 脱水反応は単に加熱するだけで進行する場合もあるが、脱水を促進するために水に対する親和性の大きい硫酸、五酸化リン、無水酢酸などの試薬を加えて行う場合が多い。これらの試薬を脱水剤という。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の脱水反応の言及

【脱水】より

 脱水剤としてよく用いられるものとして,硫酸などの酸類,五酸化リン,アルミナ,硫酸マグネシウム,塩化亜鉛,無水酢酸,分子ふるいなど,多くの化合物が有用である。有機化学では,このような脱水反応を意味することばとしてのほかに,有機溶媒中に存在する水分を除去する意味のことばとして脱水が使われることがある。【友田 修司】。…

※「脱水反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

脱水反応の関連キーワード3,6水酸化アルミニウムペプチドグリカンジビニルベンゼンアルドール縮合メラミン樹脂トレハロース加水分解酵素累進変成作用ザイツェフ則ラムノースアルギン酸シッフ塩基アラビナンアルドールプロピレンマンナンカロチン鉱化流体加水酵素

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android