コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソチョウ(細蝶) ホソチョウ

1件 の用語解説(ホソチョウ(細蝶)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホソチョウ【ホソチョウ(細蝶)】

鱗翅目タテハチョウ科ホソチョウ亜科Acraeinaeに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。小型~中型のチョウで,細長い翅と細長い胴をもつ。開張3~8cm。アフリカ大陸にもっとも栄えており,マダガスカルのものを含めて約200種が知られる。このほか,南アメリカ大陸にも種類数が多い。インドオーストラリア地域には数種が見られるにすぎない。多くの種は胸部から黄色の悪臭のある物質を分泌し,捕食者からの攻撃を免れており,この亜科のものに擬態しているチョウも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホソチョウ(細蝶)の関連キーワード赤蛺蝶孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶逆八蝶豹紋蝶黄蛺蝶小緋威小紫蝶蛺蝶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone