コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホフマン分解 ホフマンぶんかいHofmann degradation

世界大百科事典 第2版の解説

ホフマンぶんかい【ホフマン分解 Hofmann degradation】

1881年ドイツの化学者A.W.vonホフマンにより見いだされた反応。第四級アンモニウム塩を熱分解させ,アミンオレフィンを生成する反応。環式アミンの開環反応として,あるいはオレフィンの合成法として有用である。式(1)に示すように,アミンをヨウ化メチルCH3Iで処理した後,水酸化銀AgOHで水酸化物とし,これを加熱すると脱離反応(これをホフマン脱離という)が起こり,オレフィンが生成する。同様の過程を繰り返して最終的にオレフィンとアミンが得られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ホフマン分解の関連キーワードフランク・リー パイマンホフマン転位ベンズアミドホフマン則

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android