コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモジナイザー

3件 の用語解説(ホモジナイザーの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ホモジナイザー

 (1) 組織,細胞などの試料を均一にすり潰す道具.刃を使うもの,ガラスの筒などの内壁にぴったりとつく球や筒を入れて壁との間ですり潰すタイプのものなど,種々の方式がある.(2) 牛乳を均質化する装置.脂肪球を小さくしてクリームが浮くのを防ぐ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホモジナイザー

不溶性物質(液滴や軟質固体)を微粒化し,液中に均一に分散させて安定な懸濁液を作る装置。作用や構造はコロイドミルに似るが,分散を主目的にするときホモジナイザーと呼ぶ。
→関連項目牛乳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホモジナイザー【homogenizer】

固体と液体(塗料など),液体と液体(ミルクなど)の2相流に激しい機械的作用を加えて,均一で安定したサスペンションをつくる機械装置の総称。高速の回転羽根の強いかくはん(攪拌)作用を利用する方法,高圧流体を狭いギャップを通して流し,その際受ける強いせん(剪)断作用を利用する方法などがある。超音波を用いる分散機もこのなかに含めることができる。また湿式の微粉砕機の多くはホモジナイザーとして用いることができ,とくにコロイドミル,かくはん粉砕機,ときには振動ミルなどもホモジナイザーとして利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホモジナイザーの関連キーワード攪拌推進剤界面粘体溶解ガス液体クロマトグラフィーフラッシュ蒸留ろ(濾)過分解熔融ヴルフの定理

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホモジナイザーの関連情報