コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモジナイザー

百科事典マイペディアの解説

ホモジナイザー

不溶性物質(液滴や軟質固体)を微粒化し,液中に均一に分散させて安定な懸濁液を作る装置。作用や構造はコロイドミルに似るが,分散を主目的にするときホモジナイザーと呼ぶ。食品・化学工業で使用。
→関連項目牛乳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホモジナイザー【homogenizer】

固体と液体(塗料など),液体と液体(ミルクなど)の2相流に激しい機械的作用を加えて,均一で安定したサスペンションをつくる機械装置の総称。高速の回転羽根の強いかくはん(攪拌)作用を利用する方法,高圧流体を狭いギャップを通して流し,その際受ける強いせん(剪)断作用を利用する方法などがある。超音波を用いる分散機もこのなかに含めることができる。また湿式の微粉砕機の多くはホモジナイザーとして用いることができ,とくにコロイドミル,かくはん粉砕機,ときには振動ミルなどもホモジナイザーとして利用される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android