コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微粒化 びりゅうか atomization

翻訳|atomization

1件 の用語解説(微粒化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びりゅうか【微粒化 atomization】

液体を気体中に液滴として分散させる操作。天然に存在する液滴と同じく大粒の雨(数mmくらい)から霧やフューム(数μmくらい)まで広範囲の粒径が用いられる。
[操作方法]
 微粒化の方法は次の五つがある。(1)気体と液体との相対速度を利用して液膜や液のひもをつくり,細かく分裂させる。(2)液柱や液膜に自励振動を起こさせ成長した表面波により比較的大きな液滴に分裂させる。(3)高速の液どうしの衝突,高速の液の固体壁への衝突で分裂させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

微粒化の関連キーワード遠心分離攪拌ゾル沈降分離紡糸湑む液滴湿式分級流動複屈折

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

微粒化の関連情報