コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホローバック ホローバックhollow back

デジタル大辞泉の解説

ホロー‐バック(hollow back)

hollowは空洞の意》製本で、表紙の背と中身の背を接着しない仕上げ方。本を開くと背の部分に空洞ができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ホローバック【hollow back】

製本で、表紙の取り付け方の一。本を開くと、表紙と中身の背とが離れて空洞ができるようにしたもの。腔背こうせ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

ホローバック

書物の背の製本様式の一つで,表紙の背と中身の背とが接着されていないもの.腔背(あなぜ)ともいう.本を開いたときに,中身の背と表紙の背との間に空洞(hollow)ができる.フレキシブルバックとタイトバックの長所を取り入れるように考案されたために,のどの開きもよく,背文字も傷まないが,表紙と中身とを見返しで接着させているために,見返しののどの部分に負担がかかり壊れやすい.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

ホローバックの関連キーワード代永翼うつろな男空洞地球スターヴェルの悲劇スリーピー・ホロウ呪われた穴フレンチ警部の多忙な休暇ホロー荘の殺人三つの棺スリーピー・ホロウ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone