コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホローバック ホローバック hollow back

3件 の用語解説(ホローバックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホロー‐バック(hollow back)

hollowは空洞の意》製本で、表紙の背と中身の背を接着しない仕上げ方。本を開くと背の部分に空洞ができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ホローバック【hollow back】

製本で、表紙の取り付け方の一。本を開くと、表紙と中身の背とが離れて空洞ができるようにしたもの。腔背こうせ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

ホローバック

書物の背の製本様式の一つで,表紙の背と中身の背とが接着されていないもの.腔背(あなぜ)ともいう.本を開いたときに,中身の背と表紙の背との間に空洞(hollow)ができる.フレキシブルバックとタイトバックの長所を取り入れるように考案されたために,のどの開きもよく,背文字も傷まないが,表紙と中身とを見返しで接着させているために,見返しののどの部分に負担がかかり壊れやすい.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホローバックの関連キーワード見返し青表紙仮製本黒表紙上製本背表紙散り本製本耳折り表紙空洞の法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone