ホワイト(読み)ほわいと(英語表記)Gilbert White

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホワイト(Gilbert White)
ほわいと
Gilbert White
(1720―1793)

イギリスの博物学者。ハンプシャー県のセルボーンに生まれる。オックスフォード大学に学び、一生をセルボーンの副牧師として過ごした。代表的著作『セルボーンの自然史と古事』The natural history and antiquities of Selborne(1789)は普通『セルボーンの博物誌』とよばれ、当地の動植物の生態を観察して、友人の博物学者や法律家に書き送った手紙をまとめたものである。標題にも表れているとおり人間社会の風習も描かれており、文学としても高い評価を得ている。博物学の面では、鳥がもっとも多く扱われているが、昆虫、ネズミ、カメ、魚なども登場する。その著作はスコットランドの詩人J・トムソンの影響を受けているといわれる。[八杉貞雄]
『寿岳文章訳『セルボーン博物誌』上下(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホワイトの関連情報