コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトカラー・ユニオン ホワイトカラー・ユニオンwhite-collar union

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワイトカラー・ユニオン
white-collar union

職員組合ともいう。事務・技術職などのサラリーマンの労働組合。一般に学歴が高く,職務も経営補助的,ないしは経営者への過程に位置するものが多い。日本では第2次世界大戦前はブルーカラーによる工員組合が中心で,戦後工職一体の企業別組合の普及の過程でホワイトカラーの組合参加が一挙に進んだ。しかし争議の際などにホワイトカラーが組合分裂に関与する例もみられた。その後産業・就業構造や雇用管理の変化のなかでホワイトカラーの組織率の拡大が,労働運動の新たな課題とされるにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android