コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンシメジ ホンシメジ

3件 の用語解説(ホンシメジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンシメジ
ホンシメジ

「シメジ (占地)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ホンシメジ

 [Lyophyllum shimeji].ハラタケ目シメジ科シメジ属のキノコ.食用にする.径4〜10cmになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホンシメジ
ほんしめじ / 本占地・真占地
[学]Lyophyllum shimeji (Kawamura) Hongo

担子菌類、マツタケ目キシメジ科の食用キノコ。「におい松茸(まつたけ)、味しめじ」といわれるときのキノコはホンシメジで、単にシメジの名でも親しまれてきた。しかし、最近は栽培ヒラタケ(ヒラタケ科)のように、似て非なるキノコがシメジの名でよばれるようになったことから、これと区別するために、新たにホンシメジの名がつけられた。
 ホンシメジは高さ3~8センチメートルで、5~10本ずつ株立ちする。傘は半球形から丸山形、淡灰色で径4~8センチメートル、粘りはない。肉は白く充実する。ひだは密で、白から淡いクリーム色、茎にやや湾生ないし垂生する。茎は白く、下半部はとっくり形に膨らむ。胞子紋は白。胞子は径4~6マイクロメートルの球形。10月の上旬から中旬にかけて、低山の雑木林のほか、マツと雑木との混交林に輪を描いて生える。ホンシメジは、その上品な色と形、および優れた味によって古くから全国的に知られた日本特産菌であり、欧米にはない。また、ナラ類の根と菌根をつくって共生する菌であるため、栽培はできない。ホンシメジにもっとも近縁のキノコはシャカシメジ(センボンシメジ)である。シャカシメジの発生は、ホンシメジよりやや早い。また、ホンシメジと同属にはハタケシメジ、シロタモギタケ、ブナシメジがあるが、これら3種のキノコは木材腐朽菌であるため栽培が可能である。また、味も優れていることから、シロタモギタケやブナシメジの栽培品は市場に出回り、ホンシメジの名で市販されることが多い。もちろん、これも本物とは異なっている。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホンシメジの言及

【シメジ(占地)】より

…担子菌類キシメジ科のキノコ。ホンシメジとも呼び,美味な食用キノコである。かさは径2~8cm,はじめ半球形,後まんじゅう形から平らに開く。…

※「ホンシメジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホンシメジの関連キーワードShimejiシロタモギダケLyophyllum fumosum

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホンシメジの関連情報