コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボゴミール派 ボゴミールはBogomiles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボゴミール派
ボゴミールは
Bogomiles

10~15世紀バルカン地方で盛んであったキリスト教の一宗派。ボグミル派ともいう。名称は創始者ボゴミール (ギリシア名テオフィロス) に由来する。 10世紀なかばブルガリアにおける正教会改革運動に,パウリキアヌス派のマニ教的二元論が結合して形成された。二元論を根底とし物質界を悪魔のつくったものとみて,受肉の教理,洗礼や聖体の秘跡,十字架,奇跡,聖堂,教会組織などを否定し,道徳的にも物質や肉とかかわる行為 (結婚,肉食,飲酒) を排して中世最大のピューリタンと呼ばれた。 11~12世紀にビザンチン帝国内の各地に広まり,かなり複雑な教理体系を整備した。 12世紀後半から西方へ伸長し,セルビアを経てボスニアでは国民的宗教となって 15世紀まで存続した (ボスニア教) 。 1150年頃よりフランス,イタリアのカタリ派あるいはアルビ派に大きな影響を及ぼし,13世紀初めには黒海から大西洋まで席捲した。ブルガリアでは 14世紀まで続き,ボスニアの多くの信徒はイスラム化し,バルカン地方の民間信仰のなかに解消されていった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボゴミールは【ボゴミール派】

〔Bogomiles 創始者の名にちなむ〕
一〇世紀以降、小アジアとブルガリア地方に広まったキリスト教の分派。マニ教的二元論と厳格な禁欲主義を説き、教会制度や儀式を否定。弾圧を招いたが、カタリ派の源流となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ボゴミール派の関連キーワードブルガリア正教会ブルガリア文学ブルガリア史禁欲主義ニクシチクーリン分派

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android