コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボザンケット Bosanquet, Bernald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボザンケット
Bosanquet, Bernald

[生]1848.6.14. ノーサンバーランド,ロックホール
[没]1923.2.8. ロンドン
イギリス新ヘーゲル主義の最後の代表的哲学者。オックスフォード大学に学び,B.ジョウェット,T.グリーンの影響を受けた。 1870~80年オックスフォード大学講師をつとめ,81年ロンドンに移って哲学の著述と博愛協会や社会運動に専念した。 1903~08年セントアンドルーズ大学の道徳哲学教授。その思想は,F.ブラッドリー同様ヘーゲルに多くを負っており,最初は,論理学,知識学,次に美学,倫理学 (国家哲学) ,最後に形而上学とその関心を移していった。主著『知識と実在』 Knowledge and Reality (1885) ,『美学史』 History of Aesthetic (92) ,『論理学綱要』 Essentials of Logic (95) ,『哲学的国家理論』 Philosophical Theory of the State (99) ,『精神の性質に関する3章』 Three Chapters on the Nature of Mind (1923) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボザンケットの関連キーワード新ヘーゲル学派イギリス哲学

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android