コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボッロメオ宮殿 ボッロメオきゅうでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボッロメオきゅうでん【ボッロメオ宮殿】

イタリア北西部、スイス国境近くにあるマッジョーレ湖に浮かぶ小島ベッラ島(長さ320m、幅180m)を敷地とした宮殿。15世紀頃からこの一帯を支配していたボッロメオ家によって17世紀後半から18世紀に建てられたバロック様式の宮殿で、内部にはビザンチン様式、フランス・ロココ様式を取り入れた部屋があり、ティエポロジョルダーノなどの天井画や壁画や大理石の彫刻のほか、陶磁器、タペストリー、人形のコレクションなどが置かれている。また、多くの植物や珍しい花々が咲く庭園がある。ミラノから特急列車で1時間、ワインやトリュフの名産地として知られる町ストレーザ(Stresa)が観光の拠点となる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android