コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボッロメオ宮殿 ボッロメオきゅうでん

1件 の用語解説(ボッロメオ宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボッロメオきゅうでん【ボッロメオ宮殿】

イタリア北西部、スイス国境近くにあるマッジョーレ湖に浮かぶ小島ベッラ島(長さ320m、幅180m)を敷地とした宮殿。15世紀頃からこの一帯を支配していたボッロメオ家によって17世紀後半から18世紀に建てられたバロック様式の宮殿で、内部にはビザンチン様式フランスロココ様式を取り入れた部屋があり、ティエポロジョルダーノなどの天井画や壁画や大理石の彫刻のほか、陶磁器タペストリー、人形のコレクションなどが置かれている。また、多くの植物や珍しい花々が咲く庭園がある。ミラノから特急列車で1時間、ワイントリュフの名産地として知られる町ストレーザ(Stresa)が観光の拠点となる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボッロメオ宮殿の関連キーワードマッターホルンクラニスカゴラチェルビニアプレトリア門ボベツリグリアギュムリマークースイス・イタリア語放送管弦楽団スイス・イタリアーナ管弦楽団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone