コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボトクード

2件 の用語解説(ボトクードの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボトクード

ブラジル南部に居住のアメリカ・インディアン。男子は狩猟,女子は採集の生活をする。しかしブラジル人の影響で一部は農耕を営む。従来は50〜200人くらいの集団(バンド)で行動,その指導者には最もすぐれた霊力をもつものが選ばれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボトクード
ぼとくーど
Botocudo

ブラジルに住む三つの別々の先住民集団の名称。一つは、ミナス・ジェライス州など東部内陸部に住んでいる集団で、ボルンBorunともよばれた。言語はジェ語族に属する。白人の植民者に強く抵抗した狩猟採集民で、50人から200人が拡大家族を形成し、ともに移動する外婚的なバンドをつくり、1人のリーダーによって率いられていた。19世紀末にはまだ5000人の人口を擁していたが、現在ではそのうちのクレナキKrenakとよばれる人口99人(調査年不明)の集団が残っているだけである。この集団出身のアイユトン・クレナキは著名な先住民運動家で、来日したこともある。もう一つは、アウェイコマAweikomaまたはショクレンShoklengとよばれ、これもジェ語族に属する言語を話す集団である。ショクレンはカインガンとごく近縁の集団で、これも元来は狩猟採集民であったが、現在では人口1650人(1994)で、サンタ・カタリナ州のいくつかの先住民区でグァラニなど別の先住民たちと、いっしょに暮らしている。もう一つのパラナ州のグァラニ系の集団もボトクードとよばれたが、詳細は不明である。[木村秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボトクードの関連キーワードアメリカインディアンアメリカインディアン諸語インディアンクリークアメリカ松インディアナアメリカ梯姑ネイティブアメリカン清水知久

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone