コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニファチウス6世 ボニファチウスろくせいBonifatius VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボニファチウス6世
ボニファチウスろくせい
Bonifatius VI

[生]?. ローマ
[没]896.4.19. ローマ
ローマ出身の第112代教皇在位 896)。副助祭(→助祭)のとき,教皇フォルモスス(在位 891~896)の後継者に選出された。痛風で死亡したという説と,次代の教皇ステファヌス6世(7世。在位 896~897)に殺害されたという説がある。フォルモススの死を中心に展開した,896~898年にわたるローマ教皇史の暗黒時代の中心人物で,死後の 898年に教皇ヨハネス9世(在位 898~900)が開催したローマの会議で糾弾された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボニファチウス6世の関連キーワードフォルモススアルヌルフ[ケルンテン]馬殷ステファヌス6世(7世)ロマヌステオドルス2世ヨハネス9世期日前投票人口減少社会

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android