コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボランティア休業制度 ボランティアきゅうぎょうせいど

2件 の用語解説(ボランティア休業制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボランティア休業制度
ボランティアきゅうぎょうせいど

会社の社会的貢献の一方法。社員がボランティア活動のために休暇を取ることを認めるもので,ボランティア休職,休暇活動支援・奨励制度ともいう。この制度の背景には,企業の地域社会とのかかわりだけでなく,企業人も企業の経営に参画すると同時に一市民であらねばならないという考え方の普及がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボランティア休業制度【ボランティアきゅうぎょうせいど】

公務員,会社員のボランティア活動を支援・奨励するため,休職・休暇を認める制度。企業の社会貢献(メセナ)やイメージアップを図る目的で導入される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ボランティア休業制度の関連キーワードフィランソロピー人的会社業務執行社員ボランティア休暇アフター5ボランティアコーポレートシチズンシップボランティア活動保険経済・社会開発のための国際ボランティアデー企業の社会的責任(CSR)エヌピーオー(NPO)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone