コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボレスラフ1世 ボレスラフいっせいBoleslav I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボレスラフ1世
ボレスラフいっせい
Boleslav I

[生]?
[没]967
ボヘミア公 (在位 929~967) 。兄ワーツラフ聖公を殺害して登位プラハを行政的中心に定め,西部および中部ボヘミアにキリスト教を広め,モラビアシレジア (シュレジエン) ,スロバキアをも併合するなど中世チェコスロバキアの事実上の創設者。 950年にドイツ王オットー1世 (大帝) に攻撃され,その宗主権を認めたが,内政においては完全な自治を許された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボレスラフ1世の関連キーワードバーツラフ[1世]ボレスラフ2世在位