コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロンツォフ宮殿 ボロンツォフキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ボロンツォフ‐きゅうでん【ボロンツォフ宮殿】

Vorontsovs'kyi palatsВоронцовський палац》ウクライナ南部の都市オデッサ近郊にある宮殿。市街中心部より南西約16キロメートルのアループカという町に位置する。19世紀半ば、ロシアの貴族ミハイル=ボロンツォフにより建造。建物の北側は英国のチューダー様式であり、南側にはアラブ風の装飾を施されたドームがある。現在は絵画、彫刻、陶器などを展示する博物館になっている。アループカ宮殿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ボロンツォフ宮殿の関連キーワード差分法パンチェン・ラマアンドリー坂アンドレイ坂ウラジーミル聖堂聖ミハイルの黄金ドーム修道院ラテン大聖堂リバディヤ宮殿サイン・ワイン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android