コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューダー様式 チューダーようしきTudor style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューダー様式
チューダーようしき
Tudor style

イギリスのヘンリー7世からエリザベス1世にわたるチューダー王朝時代 (1485~1603) に興った美術,建築とその装飾様式。伝統的なゴシック様式にイタリアルネサンスの装飾的要素を加えた後期ゴシックの様式で,垂直的効果を特色とする。また聖堂建築とは別に木組みの梁や柱に漆喰や煉瓦の壁をもつ世俗建築も一般にチューダー様式と呼ばれる。前者の代表的建築は,ケンブリッジのキングス・カレッジ礼拝堂,ウェストミンスターのヘンリー7世礼拝堂など。当時の絵画ではハンス・ホルバインらがいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チューダー様式【チューダーようしき】

チューダー朝時代に盛行した英国の芸術様式,特に建築様式をいう。後期ゴシックからルネサンス様式への過渡期の様式で,垂直様式にゴシックのなごりがあり,細部の装飾にルネサンスの影響がみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チューダーようしき【チューダー様式 Tudor style】

イギリスの建築様式の一つ。1485年から1558年エリザベス1世の即位までを中心期とするチューダー朝の建築様式の名称で,イギリス・ゴシックの垂直様式を受け継ぐが,しだいに大陸各地とくにドイツ,イタリアから導入されたルネサンス様式と結合した形態に移行する。ヘンリー8世の治世(1509‐47)には,華麗な垂直式のキングズ・カレッジ礼拝堂(1446‐1515,ケンブリッジ)と,イギリス・ゴシックの記念碑ともいうべきウェストミンスター・アベーが完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

チューダーようしき【チューダー様式】

16世紀前半、イギリスのチューダー王朝時代の建築様式。ゴシック建築後期の特徴である垂直様式に、イタリアやフランスのルネサンス装飾が加わっている。ロンドンのハンプトンコートが代表例。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューダー様式
ちゅーだーようしき
Tudor style

15世紀末から約1世紀続いたイギリスの建築様式。この名称は、ヘンリー7世からエリザベス1世までイギリスを支配したチューダー朝(1485~1603)に由来する。イギリス・ゴシック建築の後期の様式であるパーペンディキュラー(垂直式)に、イタリアやフランスのルネサンス建築の要素が加わった過渡的様式であり、次のエリザベス様式に続く。教会建築では、スパンのわりに張りの高さの小さい、四心尖塔(せんとう)アーチ(チューダー・アーチ)の使用が特徴で、代表的作品としてウィンザー宮のセント・ジョージ礼拝堂、ウェストミンスター寺院のヘンリー7世礼拝堂などがある。世俗建築では、ハンプトン・コート宮の大ホール、ケンブリッジのクイーンズ・カレッジなどがある。なお、木の骨組をれんがや漆食(しっくい)で埋めたハーフ・ティンバー式木造住宅もチューダー式とよばれる。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチューダー様式の言及

【イギリス美術】より


[ルネサンス,バロック,ロココ]
 ヘンリー8世がアングリカン・チャーチを樹立し修道院解散(1536,39)を行ったため,それまでの宗教建築を支えてきた建築家のギルドは弱体化し,これ以後のイギリス建築は国王や貴族のための世俗建築(宮殿,邸館,別荘など)に重点が移動する。ルネサンス様式と後期ゴシック(垂直様式)の混交した16世紀前半の〈チューダー様式〉の後,エリザベス1世の時代(1558‐1603)には,イタリア風のシンメトリーも取り入れた〈エリザベス様式〉が行われた。17世紀に入るとI.ジョーンズがイギリス建築に新紀元を開く。…

※「チューダー様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チューダー様式の関連キーワードクライストチャーチマンションウェストミンスター・アベーソーンベリー・キャッスルキングズ・カレッジ礼拝堂ハンプトンコート宮殿ウォルタムフォレスト赤坂プリンスホテルチューダー式アーチボロンツォフ宮殿フィッツロイ庭園ブリッドリントンシュルーズベリーイギリス建築ペンダントダウニングザローズ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チューダー様式の関連情報