パンチェン・ラマ(英語表記)Paṇchen bla ma; Panchen Lama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンチェン・ラマ
Paṇchen bla ma; Panchen Lama

チベット仏教における二大活仏の一つ。阿弥陀仏の化身が転生したものと信じられている。ダライ・ラマ5世がその師パンチェン・ロサン・チューキゲンツェン (1567~1662) の転生者を指定し,中央チベット西部のタシルンポ寺の座主とした。これがロサン・イェシェ (63~1737) である。第3世ペンデン・イェシェ (38~80) は,ダライ・ラマ8世の幼時に英印政庁の争いに介入して,英印政庁と接近し,G.ボーグルを迎え,のち清に招かれて北京で客死した。第4世テンペ・ニンマ (81~1854) は時の摂政を退け,みずから 11世ダライ・ラマの摂政 (44~45) をつとめた。第5世はテンペ・ワンチュク (54~81/3) 。第6世チューキニマ (83~1937) はダライ・ラマ 13世のモンゴル亡命中に英印政庁と接触して,1904年にカルカッタを訪れ,ダライ・ラマのインド亡命中の 11年には駐蔵大臣に接近したため,ダライ・ラマ政府との関係を悪化させ,23年チベットから脱出し,25年以来中国国民党の保護下にとどまった。ダライ・ラマ没後,国民党の兵に護送されて帰国の途に着いたが,ケクド (ジェクンド) で没した。その転生者に青海省循化県出身の3歳の少年ロサン・チンレ・ルンルプ (38~89) が選ばれ,11歳で正式に 10世パンチェン・ラマとなった。 59年のチベット動乱の際,国内にとどまり中国共産党を支持,国内建設に協力,親北京派とみなされていたが,文革中は拘禁された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パンチェン・ラマ

チベットの政治・宗教の最高権力者。ラマ教チベット仏教黄帽派の首長。ツォンカパの高弟ケールブの系統の転生ラマ。阿弥陀仏の化身とされ,ダライ・ラマに次ぐ地位を与えられている。シガツェ近郊のタシルンポ寺に住む。10世〔1938-1989〕はチベット自治区の人民代表委員を務めた。その没後,後継の11世をめぐってダライ・ラマ14世が1995年認定した〈転生霊童〉に対して中国政府は別の少年を立て,1996年その得度式を行った。
→関連項目活仏シガツェチベット問題

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンチェン・ラマ
ぱんちぇんらま
Panchen LamaPachen bla ma

班禅喇嘛。チベットで宗教的権威として尊崇される高僧。パンチェンはサンスクリット語paita(学者)とチベット語chen po(偉大なる)の合成略語。ラマはチベット語で無上師、高僧を意味する。チベットのツァン(蔵)地方(西チベット)のタシルンポ寺の法主であるのでタシ・ラマともよぶ。阿弥陀仏(あみだぶつ)の化身(けしん)と信じられ、世々この世に転生(てんしょう)を重ねて法灯(ほうとう)を伝える生き仏(転生活仏(かつぶつ))の系譜として、観音菩薩(かんのんぼさつ)の転生活仏とされるダライ・ラマの系譜に匹敵する信仰をチベット民衆の間で集めてきた。ただし政治的には聖俗両権力をあわせもったダライ・ラマに次ぐ副法主の立場にある。その起源は、チベット仏教の改革派ゲルクパ派dge lugs pa(ゲルク派)の開祖ツォンカパの二大高弟の一人ケードゥプMkhas grub(1385―1438)の法系を継承する系譜の第4代ロサンチョエキゲルツェンBlo bzang chos kyi rgyal mtshan(1569―1662)に対して、チベット全土の権限を掌握した第5代ダライ・ラマが自らの選定者・授戒の師匠に謝意を込めて贈った尊称に始まり、以後ロサンチョエキゲルツェンの転生の活仏がタシルンポ寺の法主の座を継承してパンチェン・ラマの称を名のることとなった。
 またさかのぼってケードゥプ以下3代までにもパンチェンの称が追贈されて冠せられるようになった。清(しん)朝の康煕(こうき)帝からは班禅額爾徳尼(ぱんちぇんえるでに)(蒙古(もうこ)語のPa chen Erdeni)の称号が贈られた。以後、代々継承され、第7代(ケードゥプから数えれば第10代)チョエキゲルツェンChos kyi rgyal mtshan(1938―1989)に至っている。歴代パンチェンは中国と密接な関係を保ち、またこのようなことから、ときにはパンチェンはダライ中央政権の反対勢力とみなされて両者の間に反目が生じたこともある。第6代パンチェンはチベットを離れて中国、モンゴルを巡錫(じゅんしゃく)のすえ青海の玉樹で客死した。青海出身の第7代パンチェンのチョエキゲルツェンは、ダライ・ラマの1959年のインド亡命後もながく北京にとどまり、全国人民代表大会常務委員として中国側に協力したが、文化大革命期において批判され9年余の投獄・幽閉生活を経て、のちに名誉回復して18年ぶりにシガツェに戻った。1989年1月先代パンチェン合葬霊塔の落慶法要を親修した直後に急逝した。転生者については、ダライ・ラマと中国との間で認定をめぐって対立している現状である。[川崎信定]
『ジャンベン・ギャツォ著、池上正治訳『パンチェン・ラマ伝』(1991・平河出版社) ▽D・スネルグローヴ、H・リチャードソン著、奥山直司訳『チベット文化史』(1998/2011・新装版・春秋社) ▽石濱裕美子著『チベット仏教世界の歴史的研究』(2001・東方書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android