コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボース統計 ボーストウケイ

大辞林 第三版の解説

ボースとうけい【ボース統計】

ボース粒子の集団を扱う統計。ボース-アインシュタイン統計。 ↔ フェルミ統計

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボース統計
ボースとうけい
Bose statistics

同じ粒子から成る系で,各粒子のスピンが整数値をとるとき,その波動関数は2つの粒子の交換に対して不変であり,一粒子状態を占める粒子数はゼロから無限大まで任意の値をとりうる。こういう粒子はボース統計またはボースアインシュタイン統計に従うといい,ボソンと呼ばれる。光子,ヘリウム4,フォノンなどはこの例である。ボース統計では独立な状態の数が古典統計と違い,ボース=アインシュタイン凝縮を示すこともあり,フェルミ統計とともに量子統計と呼ばれる。粒子数が多く,粒子間の相互作用が小さい場合,個々の粒子が各エネルギー状態を占める数の平均はボース=アインシュタイン分布に従う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のボース統計の言及

【量子統計】より

…このことから,フェルミ粒子の場合は一つの粒子状態を占める粒子数は0または1に限られる(フェルミ=ディラック統計,またはフェルミ統計という)。一方,ボース粒子の場合は一つの粒子状態が収容できる粒子数は0,1,2,3,……と限りがない(ボース=アインシュタイン統計,またはボース統計という)。 相互作用のない多粒子系が温度Tの熱平衡状態にある場合,エネルギーεの1粒子状態jにいるフェルミ粒子の数njは平均して,であり,ボース粒子なら,である(μは化学ポテンシャル)。…

※「ボース統計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボース統計の関連キーワードボース=アインシュタイン凝縮ボルツマン統計量子統計力学超ひも理論ボース粒子核スピン統計力学量子液体超対称性中間子素励起α粒子

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android