コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボートネック boat neck

大辞林 第三版の解説

ボートネック【boat neck】

横に長く、前後に浅い舟底形の襟あき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボート‐ネック(boat neck)

セーターの襟ぐりのデザインの一種。舟の底の形のようになっているもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

結婚式・ウェディング用語集の解説

ボートネック

ボートネックとは、緩やかな曲線で両肩に向けて横に広く開いた、浅い船底型をした襟ぐりのことをいいます。くり方によっては首元をすっきり見せ、鎖骨をきれいに見せるといった効果があります。鎖骨に沿ってカーブを描く襟の形が、船底の形のように見えることからその名前がつけられました。くられ方が浅く、首周りの露出が比較的少ないのがボートネックの特徴です。ボートネックの代表的なものにバスクシャツというものがあります。これはスペインのバスク地方の船乗りたちが愛用していた、ハンドメイドの実用服に由来しているボーダーのロングスリーブのTシャツのことです。また、ボートネックはドレスにもよく使用されています。

出典 ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について 情報

ボートネックの関連キーワードネックラインセーター

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボートネックの関連情報