ボードアン2世(読み)ボードアンにせい(英語表記)Baudouin II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボードアン2世
ボードアンにせい
Baudouin II

[生]1217. コンスタンチノープル
[没]1273.10. フォッジア
ラテン帝国最後の皇帝 (在位 1228~61) 。ボードアン1世の姉ヨランダと第3代皇帝ピエール・ド・クルトネの息子で,第4代皇帝ロベール (兄) の死後,即位。ビザンチンの亡命政権ニカイア帝国ヨハネス3世とブルガリアアセン2世にはさまれ,1236年と 45年の2度ヨーロッパに援助を求めたが,実を結ばず,61年7月ニカイアのミカエル8世に首都コンスタンチノープルを奪われた。首都の再奪回をはかり,67年アンジュー伯シャルル1世 (ナポリとシチリア王) と同盟を結び,73年息子フィリップとシャルル1世の娘を結婚させたが,その数日後,首都奪回の夢を果さず没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android