ボードアン2世(読み)ボードアンにせい(英語表記)Baudouin II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボードアン2世
ボードアンにせい
Baudouin II

[生]1217. コンスタンチノープル
[没]1273.10. フォッジア
ラテン帝国最後の皇帝 (在位 1228~61) 。ボードアン1世の姉ヨランダと第3代皇帝ピエール・ド・クルトネの息子で,第4代皇帝ロベール (兄) の死後,即位。ビザンチンの亡命政権ニカイア帝国ヨハネス3世とブルガリアアセン2世にはさまれ,1236年と 45年の2度ヨーロッパに援助を求めたが,実を結ばず,61年7月ニカイアのミカエル8世に首都コンスタンチノープルを奪われた。首都の再奪回をはかり,67年アンジュー伯シャルル1世 (ナポリとシチリア王) と同盟を結び,73年息子フィリップとシャルル1世の娘を結婚させたが,その数日後,首都奪回の夢を果さず没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android