コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアソン過程 ポアソンカテイ

2件 の用語解説(ポアソン過程の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ポアソン‐かてい〔‐クワテイ〕【ポアソン過程】

ランダムに発生する事象を、確率変数を用いて記述したもの。確率過程の一つ。故障・災害の発生、店舗への来客、電話の着信、タクシー待ち時間などの事象のモデル化に用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ポアソンかてい【ポアソン過程 Poisson process】

ポアソン過程は電話のコール待ちのように,ランダムな現象の起こるのを待っている場合で,ある時点以前の経過は未来の生起に影響を与えずかつ時間的に一様に推移する現象の数学的記述と考えられる。それは連続時間変数tをもつ確率過程X(t,w)(t≧0)で,現在の時刻をtとしたとき,h>0に対しX(th)-X(t)は過去X(s)(st)と独立でかつ平均値λhポアソン分布に従うものである。したがってその見本関数(観測回数をtの関数とみたもの)は跳びが1の単調非減少な階段関数である(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポアソン過程の言及

【確率過程】より

…確率過程{Xt(ω)(t=0,1,2,……)}は原点から出発するランダムウォークの模型である。 例2 確率過程{Xt(ω)(t≧0)}があって,X0(ω)=0であり,t,s(ts)を任意にとるとき,Xt(ω)-Xs(ω)の分布がポアソン分布で,となるならば,{Xt(ω)}をポアソン過程という。時刻0からtまでの間に起きるある種の交通事故の件数をXt(ω)とするとき,{Xt(ω)}がポアソン過程とみなされる場合がある。…

※「ポアソン過程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone