階段関数(読み)かいだんかんすう(英語表記)step function

  • かいだんかんすう〔クワンスウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ある関数グラフによって表現したとき,それが階段状になる関数をいう。ガウス記号x ] ( x をこえない最大の整数を示し,床関数ともいう) を用いた関数などは,階段関数である。階段状のグラフをもつ実際上の例としては,郵便物の目方と料金,乗車距離と運賃などがある。階段関数は,より一般的には,数直線上に閉区間 [ab] を考え,その区間において2つずつが共通点をもたないような部分区間への分割を行うとき,これらの各区間の中では定数となるような関数,として定義できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android