コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階段関数 かいだんかんすうstep function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

階段関数
かいだんかんすう
step function

ある関数をグラフによって表現したとき,それが階段状になる関数をいう。ガウスの記号[ x ] ( x をこえない最大の整数を示し,床関数ともいう) を用いた関数などは,階段関数である。階段状のグラフをもつ実際上の例としては,郵便物の目方と料金,乗車距離と運賃などがある。階段関数は,より一般的には,数直線上に閉区間 [ab] を考え,その区間において2つずつが共通点をもたないような部分区間への分割を行うとき,これらの各区間の中では定数となるような関数,として定義できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

階段関数の関連キーワードポアソン過程ギブス現象確率過程単調関数郵便物閉区間整数目方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android