コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポピュレーションバランス population balance

世界大百科事典 第2版の解説

ポピュレーションバランス【population balance】

物質収支の一つで,年齢または滞留時間に注目したもの。原料粒子や分子などの集合系の挙動を解析するための方法をポピュレーションバランス法という。もともとの意味は人口の年齢分布が変化していくようすを解析するための概念と方法で,たとえば0歳から5歳までの間という人口が1年間にどう変わるか考えてみる。増える要因としては誕生があり,減る要因としては死亡がある。このほかに減る要因として加齢がある。つまり現在5歳の人は1年後には6歳になって,人口のこの階級の部分を去って隣の部分へ移ってしまうからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポピュレーションバランスの関連キーワード物質収支

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android