コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポラリス潜水艦 ポラリスせんすいかん Polaris submarine

2件 の用語解説(ポラリス潜水艦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポラリス潜水艦
ポラリスせんすいかん
Polaris submarine

海中に潜航したまま,戦略弾道ミサイル (→SLBM ) を発射できる原子力潜水艦。 1960年7月,アメリカ原子力潜水艦ジョージ・ワシントン』が,ポラリスミサイルの潜水中発射に初めて成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポラリス潜水艦
ぽらりすせんすいかん
Polaris submarine

アメリカの第1世代潜水艦発射弾道ミサイル、ポラリスを装備した原子力潜水艦。動力源として原子炉を積んだ原子力潜水艦は、さらに核ミサイルの水中発射が可能になり、核戦略のなかで重要な位置を占めるようになった。潜水艦からのミサイル発射の試みは当初、巡航ミサイルを用いて行われた。第二次世界大戦直後にアメリカはドイツのV1号の改造から、やがてレギュラス・ミサイルを開発し1955年に実戦配備した。しかし、このミサイルの発射は浮上した状態で行わなければならず、潜航したまま海中から発射できるミサイルの出現が待たれ、ポラリス・ミサイルが開発された。最初にこれを積んだのはジョージ・ワシントン号(6010トン、1958年12月就役)で、1960年7月ケープ・カナベラル沖で初めて水中からポラリス・ミサイルの発射に成功した。同年11月には正式配備され実戦パトロールの任務についた。ポラリス・ミサイルにはA‐1、A‐2、A‐3と3バージョンがあり1960年代の主力ミサイルであったが、70年には新しいポセイドン・ミサイルが配備され、ポラリス潜水艦はポセイドン・ミサイル搭載艦に改修された。さらにポセイドンの後を継ぐのがトライデント潜水艦である。[服部 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポラリス潜水艦の関連キーワードSLBM戦略核兵器大陸間弾道ミサイル中距離弾道ミサイルトライアドFBM対艦弾道ミサイル戦略兵器戦術核と戦略核新戦略兵器削減条約(新START)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポラリス潜水艦の関連情報