コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポラリス潜水艦 ポラリスせんすいかんPolaris submarine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポラリス潜水艦
ポラリスせんすいかん
Polaris submarine

海中に潜航したまま,戦略弾道ミサイル (→SLBM ) を発射できる原子力潜水艦。 1960年7月,アメリカの原子力潜水艦『ジョージ・ワシントン』が,ポラリス・ミサイルの潜水中発射に初めて成功した。以後これを装備した潜水艦をポラリス潜水艦と呼ぶようになった。イーサン・アレン級の主要目は,水中排水量 7900t (ジョージ・ワシントン級は 6700t) ,水中速力 30kn,ポラリス・ミサイル 16基,21インチ (約 53cm) 魚雷発射管4 (ジョージ・ワシントン級は6) を装備。イギリスがレゾリューショーン級,フランスがル・ルドウタブル級を保有したほか,旧ソ連も同様のヤンキー (Y) 型潜水艦,さらに長射程大型のデルタ(D)-I,D-II,D-III潜水艦を保有した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポラリス潜水艦
ぽらりすせんすいかん
Polaris submarine

アメリカの第1世代潜水艦発射弾道ミサイル、ポラリスを装備した原子力潜水艦。動力源として原子炉を積んだ原子力潜水艦は、さらに核ミサイルの水中発射が可能になり、核戦略のなかで重要な位置を占めるようになった。潜水艦からのミサイル発射の試みは当初、巡航ミサイルを用いて行われた。第二次世界大戦直後にアメリカはドイツのV1号の改造から、やがてレギュラス・ミサイルを開発し1955年に実戦配備した。しかし、このミサイルの発射は浮上した状態で行わなければならず、潜航したまま海中から発射できるミサイルの出現が待たれ、ポラリス・ミサイルが開発された。最初にこれを積んだのはジョージ・ワシントン号(6010トン、1958年12月就役)で、1960年7月ケープ・カナベラル沖で初めて水中からポラリス・ミサイルの発射に成功した。同年11月には正式配備され実戦パトロールの任務についた。ポラリス・ミサイルにはA‐1、A‐2、A‐3と3バージョンがあり1960年代の主力ミサイルであったが、70年には新しいポセイドン・ミサイルが配備され、ポラリス潜水艦はポセイドン・ミサイル搭載艦に改修された。さらにポセイドンの後を継ぐのがトライデント潜水艦である。[服部 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポラリス潜水艦の関連キーワードフォルス・ド・フラップ航空母艦PERT潜水空母

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android