コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリテイア Politeia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリテイア
Politeia

プラトンの著作中,中期の最も重要な対話篇の一つで,『国家』と訳される。正義とは何かの問題をめぐって始り,正義の実現としての理想国家を想定し,国家を構成する階級の規定,支配者は哲学者であるべきこと,哲学の本質についての存在論的規定および認識論的規定,存在論,認識論,倫理学を基礎とする教育論,それと密接に結びついた芸術論,国制の諸形態などを述べている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポリテイアの関連キーワードシュノイキスモス都市同盟(古代)ユートピア哲人政治政治哲学共産主義プレトン政治

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android