ポリビニルアセタール(英語表記)polyvinyl acetal

世界大百科事典 第2版の解説

ポリビニルアセタール【polyvinyl acetal】

ポリビニルアルコールアルデヒドを反応させてアセタール化した樹脂。実用化されているのはポリビニルホルマールpolyvinyl formalとポリビニルブチラールpolyvinyl butyralである。(化学式)ポリビニルアルコールを紡糸し,酸の存在下でホルムアルデヒドでアセタール化したものが合成繊維ビニロンであるが,ポリビニルホルマールは合成繊維以外にもスポンジ,塗料,電線用ワニスとして用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリビニルアセタール
ぽりびにるあせたーる
polyvinyl acetal

ポリビニルアルコールを酸の存在下、アルデヒドでアセタール化した樹脂の総称。プラスチック、合成繊維に用いられる。アルデヒドとしてホルマリン(ホルムアルデヒド37%水溶液)を用いてアセタール化したものをポリビニルホルマールpolyvinyl formalとよび、合成繊維のビニロンがそれであるが、プラスチックとしては、電線の絶縁エナメルや発泡体として化粧用パフ、浴用スポンジ、ロールなどに用いられている。アルデヒドとしてブタノール(ブチルアルコール)でアセタール化したものはポリビニルブチラール(ブチラール樹脂)である。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android