ポリビニルブチラール(読み)ぽりびにるぶちらーる(英語表記)polyvinyl butyral

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリビニルブチラール
ぽりびにるぶちらーる
polyvinyl butyral

ポリビニルアセタールの一種。ブチラール樹脂ともいう。ポリビニルアルコールをブタノール(ブチルアルコール)でアセタール化(この場合ブチラール化ともいう)したものである。白色粉末。多くの有機溶剤によく溶ける。またフェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂などとよく混和する。柔軟で、低温でも硬くならず、ガラス、金属などによく密着するので接着剤として、また、安全ガラスの接着用中間膜として、あるいはウォッシュプライマーという金属の下塗り塗料としての利用が多い。

[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android