ポリビニルブチラール(読み)ぽりびにるぶちらーる(英語表記)polyvinyl butyral

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリビニルブチラール
ぽりびにるぶちらーる
polyvinyl butyral

ポリビニルアセタールの一種。ブチラール樹脂ともいう。ポリビニルアルコールをブタノール(ブチルアルコール)でアセタール化(この場合ブチラール化ともいう)したものである。白色粉末。多くの有機溶剤によく溶ける。またフェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂などとよく混和する。柔軟で、低温でも硬くならず、ガラス、金属などによく密着するので接着剤として、また、安全ガラスの接着用中間膜として、あるいはウォッシュプライマーという金属の下塗り塗料としての利用が多い。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android