ポール・フレデリック ボールズ(英語表記)Paul Frederic Bowles

20世紀西洋人名事典の解説


1910.12.30 -
米国の作曲家,小説家。
ニューヨーク州ロング・アイランド生まれ。
バージニア大学中退後、コープランドトムソン、さらにパリでN.ブーランジュに作曲を学び、オペラ、バレエ音楽、管弦楽などの作曲を手がける。主な作品にはオペラ「デンマーク・ヴィージー」(1938年)、バレエ「感傷的な会話」(’44年)などがある。’42〜45年には「New York Heard Tribune」紙の音楽批評論を担当。その後、’31年にスタイン酷評によって断念していた小説の創作活動を再開し、「雨は降らせよ」(’52年)、「蜘蛛の家」(’55年)などアラブ世界を題材とした作品を発表。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android