コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイカコンデンサー mica condenser

大辞林 第三版の解説

マイカコンデンサー【mica condenser】

白雲母の箔はくとスズ箔とを交互に積み重ねたコンデンサー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイカコンデンサー
まいかこんでんさー
mica condenser

誘電体として長方形のマイカ(雲母(うんも))薄板を用いるコンデンサー。マイカの分子構造は非常に複雑で種類も多いが、コンデンサー用としてはおもに白マイカが用いられ、透明なものほど誘電的性質が優れている。比誘電率は6~8で、厚さ0.01~0.05ミリメートルの薄板を用いて0.1マイクロファラドぐらいまでのものが製品化されている。構造面からみると、電極箔(はく)とマイカ薄板を交互に積み重ねてつくるスタック型と、マイカ薄板に電極銀を焼き付けたものを所要の枚数積み重ねたシルバード型の2種類に分かれる。シルバード型は電極とマイカが密着しているため特性が安定しており、主として通信機用に使用される。スタック型は、送信機などに用いる高周波電力用コンデンサーとして使用されることが多い。[坂田好一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマイカコンデンサーの言及

【コンデンサー】より

…対向面に電極をもつ円板や円筒形セラミックスのものと,薄いセラミックスと電極を交互に積み重ねたものとがある。積層構造によって電気容量の増大を図る積層形コンデンサーには,誘電体としてセラミックスを用いたもののほか,古くからあるマイカコンデンサーや新しいガラスコンデンサーが含まれる。きわめて薄い誘電体皮膜を電気化学的に作る電解コンデンサーには+,-の極性があり,湿式および乾式と固体電解コンデンサーが含まれる。…

※「マイカコンデンサー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マイカコンデンサーの関連キーワード白雲母交互

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android