マイクロフィラメント(読み)まいくろふぃらめんと(英語表記)microfilament

日本大百科全書(ニッポニカ)「マイクロフィラメント」の解説

マイクロフィラメント
まいくろふぃらめんと
microfilament

真核細胞の細胞質にみられる、4~7ナノメートルの太さの繊維状構造をいう。微小繊維、微小糸、微細糸ともよぶ。個々の繊維が平行に集まって束を形成している場合が多いが、細胞膜下に網目構造をとる場合もある。アクチン分子が、37ナノメートルの繰り返し周期の二重螺旋(らせん)状に重合したものと考えられている。この点で、筋肉の細いフィラメントと本質的には同一と考えられるが、筋肉のものに比べ容易に生成・消滅する。骨格筋のH-メロミオシンと結合し矢じり状構造を示す。免疫蛍光法によって、光学顕微鏡でもその存在を知ることができる。マイクロフィラメントは、原形質流動、アメーバ運動、先体反応などの非筋肉性細胞運動に関係しているとされている。

[馬場昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマイクロフィラメントの言及

【細胞】より

…さらに繊維構造は,デスモソームdesmosomeを介して細胞間の結合にも関係しており,細胞集団の形態形成は,各細胞内の繊維構造の再編成とその繊維構造による力の発生および伝達で実現される。 このように多方面にわたる細胞機能に関係している細胞骨格cytoskeltonは,複雑で細胞種によっても微妙に違うが,それぞれ特色ある3グループの繊維(微小管,中間繊維,マイクロフィラメント)によってつくられる構造に大別される。これらの繊維構造は,それぞれの構成タンパク質を抗原として調製した蛍光抗体で,細胞を染めれば,蛍光顕微鏡によってこれらの細胞骨格構造を識別することができる。…

※「マイクロフィラメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android