マイケル アプテッド(英語表記)Michael Apted

現代外国人名録2016の解説

マイケル アプテッド
Michael Apted

職業・肩書
映画監督

国籍
英国

生年月日
1941年2月10日

出生地
バッキンガムシャー州エールズベリー

本名
Apted,Michael David

学歴
ケンブリッジ大学(法律・歴史)卒

受賞
英国テレビアカデミー賞,エミー賞外国テレビ作品賞〔1976年〕「ザ・コレクション」

経歴
1963年調査員としてグラナダ・テレビに入社。その後ディレクターに昇格し、ドキュメンタリーシリーズ「Seven Up」で高い評価を獲得。その後もさまざまな分野を手がけ、英国テレビアカデミー賞を数回受賞、1976年「ザ・コレクション」は米国エミー賞の外国テレビ作品賞を獲得。’72年「The Triple Echo」で映画監督としてデビュー。’78年「アガサ/愛の失踪事件」で評価され、ハリウッドに招かれる。’80年「歌え!ロレッタ愛のために」はアカデミー賞5部門にノミネートされた。以来、ハリウッドを中心に活躍。他の作品に「OH!ベルーシ絶対絶命」(’81年)、「家族の絆」(’84年)、「愛は霧のかなたに」(’88年)、「訴訟」(’91年)、「ネル」(’94年)、「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」(’99年)、「イナフ」(2002年)、「アメイジング・グレイス」(2006年)、「ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島」(2010年)など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報