コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルニア国物語 ナルニアこくものがたりThe Chronicle of Narnia

世界大百科事典 第2版の解説

ナルニアこくものがたり【ナルニア国物語 The Chronicle of Narnia】

イギリスの批評家・小説家C.S.ルイスが1950年から56年にかけて発表した7編の連作童話。第2次大戦中郊外に疎開していた4人兄弟が衣装だんすの奥を通して未知の国と往来しつつ経験する冒険譚。〈白い魔女〉によって石像と化したナルニアをアスランというライオンが救う第1話《ライオンと魔女》(1950)に始まり,王子を陰謀から救ったり(《カスピアン王子のつのぶえ》1951),水中の都を訪れたり(《朝びらき丸東の海へ》1952),巨人の町に行ったり(《銀のいす》1953)という冒険が語られるが,そのほかにもナルニア国と隣国との関係を扱ったもの(《馬と少年》1954),ナルニア国の成立事情の物語(《魔術師のおい》1955),善悪が天下を分けた終末的な戦いの記録(《さいごの戦い》1956)などを含む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルニア国物語
なるにあこくものがたり
The Narnia Stories

イギリスの作家C・S・ルイスの七巻(1950~56)のファンタジー童話の総称名。第一巻『ライオンと魔女』で、4人の子供が、疎開した田舎(いなか)の屋敷の洋服だんすを通って行った別世界ナルニア国へ、続巻で何度も往復、その興亡史に深くかかわる。『魔術師の甥(おい)』でナルニアの誕生、『最後の戦い』でその消滅が語られる。アスランというキリストに似たライオンがその国を悪から救済したりして、全編にキリスト教色は濃厚だが、物語性に富み、イメージが明快、描写が簡潔で、多くの子供読者に歓迎されている現代児童文学の最高傑作の一つ。最終巻でカーネギー賞受賞。[吉田新一]
『瀬田貞二訳『ナルニア国ものがたり』全七巻(1966・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナルニア国物語の言及

【ルイス】より

…一方,SF的な趣向をもつ《沈黙の惑星より》(1938),《ペレランドラ》(1943。のち《金星への旅》と改題),《あの忌まわしい力》(1945)などの三部作があり,児童読物として《ナルニア国物語》(1950‐56)があるが,そこに一貫しているものはキリスト教的ヒューマニズムである。J.R.R.トールキン,C.W.S.ウィリアムズとの友情も有名。…

※「ナルニア国物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナルニア国物語の関連キーワードルイス(Clive Staples Lewis)ティルダ スウィントンアンドルー アダムソンジョージー ヘンリーマイケル アプテッドジェームズ マカボイマーク ジョンソンベン バーンズふくまつ進紗動物文学冒険小説邦画活況大平うみ宮本真利木村良平

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android