コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラナダ Granada, Luis de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラナダ
Granada, Luis de

[生]1504頃.グラナダ
[没]1588.12.31. リスボン
スペインの作家,ドミニコ会士。個人的な敬虔をすすめた宗教的著作『罪人の手引』 Guía de pecadores (1556) は,西洋の書物の日本における最初の翻訳といわれる天草版『ぎや・ど・ぺかどる』の原典。

グラナダ
Granada

古代名イリベリス Illiberis。スペイン南部,アンダルシア州,グラナダ県の県都。ネバダ山脈の北西斜面,標高 685mに位置する。 1238~1492年ムーア人のグラナダ王国の首都として繁栄。地名は付近に多く産するザクロの木 (スペイン語でグラナダ) に由来するともいわれる。西に肥沃なグラナダ平原を見おろし,南は急流ヘニル川で限られる。グラナダ平原の農産物の集散地としてにぎわうほか,リキュール,石鹸,紙,繊維などを産する。多くの絵画や彫刻で著名なグラナダ大聖堂 (16~18世紀) ,統一スペインの祖,フェルナンド2世イサベル1世の墓所,16世紀に建てられた修道院やグラナダ大学など多くの歴史的建造物が現存。有名なアルハンブラ宮殿をはじめ 13~14世紀に建てられたヘネラリーフェ離宮アルバイシン地区は 1984年世界遺産の文化遺産に登録された。人口 25万 4034 (1991推計) 。

グラナダ
Granada

ニカラグア南西部の都市。同名県の県都。首都マナグアの東南東約 40km,ニカラグア湖北西岸にあり,南にモンバチョ火山を望む。 1523年に建設された古い町で,北西のレオン市と政治,交易で競合しながら発展。豊かな町であったため,17世紀にはしばしばカリブ海からの海賊に襲撃された。現在同国主要都市の一つで,工業中心地となっており,家具,石鹸,縫製,綿実油,ラム酒などの工業が立地。典型的なスペイン風の町で,市街中心部は 1857年アメリカ人 W.ウォーカーにより焼かれたが,古い邸宅や聖堂なども多数保存,再建されている。太平洋岸の主要港コリントから首都を経て通じる幹線鉄道の終点で,パンアメリカン・ハイウェーから分岐する道路が通る。またニカラグア湖の船便の発着地。人口8万 8636 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グラナダ(Fray Luis de Granada)

[1505~1588]スペインの宗教思想家。ドミニコ会士。主著罪人導き」は、慶長4年(1599)日本でも「ぎやどぺかどる」の題名翻訳、出版された。

グラナダ(Granada)

スペイン南部、アンダルシア地方の都市。1235年から1492年までグラナダ王国の首都となり、イスラム教徒の拠点として栄えた。アルハンブラ宮殿などがある。
中央アメリカ、ニカラグアの南西部、首都マナグアの南東約45キロメートルにある都市。グラナダ県の県都。ニカラグア湖の北西岸に位置する。1524年、スペイン人がニカラグアで最初に創設した町として知られ、植民地時代の建造物が多数残されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グラナダ

スペイン南部,アンダルシア地方の同名県の県都。シエラ・ネバダ山脈北麓の豊かな農業地帯の中心地。繊維,製紙皮革などの工業も行われる。アルハンブラ宮殿,グラナダ大学(1531年創立)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

グラナダ Granada, Luis de

1505-1588 スペインの宣教師。
ドミニコ会士。ポルトガル管区長などをつとめる。おおくの修養的著作があり,なかでも「罪人の導き」は各国で翻訳された。日本では慶長4年「ぎやどぺかどる」の題名でキリシタン版として出版された。1588年12月31日死去。83歳。グラナダ出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

グラナダ【Granada】

スペイン南部,アンダルシア東部の行政・文化の中心地で,同名県の県都。人口24万6642(1981)。都市の起源はローマ時代にさかのぼるが,イスラム支配下の時代,特にキリスト教征が1236年にコルドバを奪回して以後,ナスル朝グラナダ王国の首都として繁栄を極めた。13世紀に建造されたアルハンブラ宮殿,アラブ式庭園ヘネラリフェ,商工業を担ったユダヤ人モリスコの居住区アルバイシンをはじめ,多数の史跡・名所がある。

グラナダ【Granada】

ニカラグア南西部のニカラグア湖畔にある同国第3の都市。人口7万4396(1995)。1523年にスペイン人の手で建設されたが,17世紀には,海賊にしばしば襲撃された。1857年にはW.ウォーカーによって放火・略奪されている。植民地時代のいくつもの建物が残っており,家具,セッケン,織物,ラム酒などの製造業も盛んである。伝統的に保守派の拠点で,自由党の中心であるレオン市と政治的・経済的に対立してきた。【山崎 カヲル】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グラナダ【Granada】

スペイン南部、シエラネバダ山脈の北麓にある観光都市。イスラム政権グラナダ王国(1235~1492)の首都として繁栄。アルハンブラ宮殿など史跡が多い。

グラナダ【Luis de Granada】

1505~1588) スペインの神秘主義者。ドミニコ会士。天草版「ギヤドペカドル」の原著者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のグラナダの言及

【ニカラグア】より

…低湿地にはワニ,トカゲなどの爬虫類が生息する。ニカラグア低地に人口の半数以上が集中しており,マナグアグラナダなど都市が多い。水資源や森林資源に恵まれているが,その開発は遅れており,未耕地も多い。…

※「グラナダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラナダの関連キーワードグラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区フェルナンデス・デ・コルドバグラナダ国際音楽舞踏祭イブン・アルハティーブアルハンブラの思い出レオン(ニカラグア)レオ・アフリカヌスペレス・デ・イータレオ・アフリカヌスイブン・ジュバイルカルロス五世宮殿シエラネバダ山脈ガルシア・ロルカギャドペカドルギヤドペカドルイスラム教建築ヒイデスの導師カルル5世宮殿アベンセラヘスヘネラリーフェ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラナダの関連情報