コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイコガ マイコガ Heliodinidae; signal moth

2件 の用語解説(マイコガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイコガ
マイコガ
Heliodinidae; signal moth

鱗翅目マイコガ科の昆虫の総称。小型の昼飛性のガで,葉上で踊るような行動をとるものがあり,「舞子蛾」の名がついたが,踊るものはむしろ少い。一方,静止すると後肢を上に立てるものが多い。前翅の開張幅 10mm前後のものが普通で,頭はなめらかで光沢がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイコガ
まいこが / 舞妓蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目マイコガ科Heliodinidaeの総称。はねの開張5~10ミリくらいの小形種を含む小さな科で、分布の中心が熱帯にあり、日本ではクロマイコガとハリギリマイコガの2種しか知られていない。はねは非常に細長く、前翅は金属光沢に輝く。科名は、成虫が陽光の下に、葉上で舞うように動くことに由来している。
 現在のように科が細分される以前には、ニセマイコガ科に編入されている属種もこの科に入れられていた。カキの害虫としてよく知られているカキノヘタムシガなども現在ではニセマイコガ科に入れられている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイコガの関連キーワード蝙蝠蛾尺蛾毒蛾虎蛾斑蝶広頭小蛾シャクガ(尺蛾)ハマキガ(葉巻蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)メイガ(螟蛾)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone