マイヤーリンク礼拝堂(読み)マイヤーリンクれいはいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

マイヤーリンクれいはいどう【マイヤーリンク礼拝堂】

オーストリアの首都ウィーンの南30km、ウィーンの森の一角にある、カルメル派のマイヤーリンク尼僧院の中にある礼拝堂。ここは、オーストリア皇帝一族の狩猟の館として建設された建物で、1889年に皇太子の別荘となっていた。この建物の中で、30歳の皇太子ルドルフと17歳の男爵夫人マリーの心中事件が起こった。この事件は、のちに映画『うたかたの恋』のモデルになったが、事件後、太子を弔うために修道院に改修された。そして、皇太子と恋人が自殺した部屋は礼拝堂になっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android