コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイワシ資源の減少 マイワシしげんのげんしょうDecrease of sardine resource

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイワシ資源の減少
マイワシしげんのげんしょう
Decrease of sardine resource

約 1000万tの日本の海面漁業生産量の中核をなすマイワシの漁獲量が,1980年代末から急激に減少している。生産量は戦後一貫して低迷していたが 70年代中頃から獲れだし,83年には 400万tを突破した。だが 88年の 449万tから減少に転じ,92年は 222万tと最盛期の半分以下となった。水産庁は 92年7月「マイワシ資源減少対策検討会議」を設置し,減少するメカニズムの解明に乗出したが,餌の不足や産卵場の消滅などが原因とみられている。一方,資源の増減は必ず起り,異変ではないとの見方も出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マイワシ資源の減少の関連キーワードエイリク・ベラス ラルセンジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン重複保険アルノー トゥルナン濃度(化学)王 濛アポロ・アントン オーノマリアンヌ ティメルシャニー デービス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android