メカニズム

精選版 日本国語大辞典「メカニズム」の解説

メカニズム

〘名〙 (mechanism)⸨メカニスム⸩
① 機械の装置。しかけ。メカ。
※鼠と猫(1921)〈寺田寅彦〉三「此の音の発するメカニズム」
② 物事のしくみ。機構。組織。
※鶴は病みき(1936)〈岡本かの子〉「今までのメカニズムが近頃、擡頭して来た新古典主義に押され勝ちのやうですね」
③ 哲学で目的論に対する機械論のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「メカニズム」の解説

メカニズム(mechanism)

機械仕掛け。装置。メカ。
機構。仕組み。メカ。「人体のメカニズム
哲学で、機械論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android