コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウソレイオン Mausōleion; Mausoleum of Halicarnassus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウソレイオン
Mausōleion; Mausoleum of Halicarnassus

ハリカルナッソスの墓廟ともいう。アケメネス朝ペルシアのカリアのサトラップ (州総督) マウソロスのために小アジアのハリカルナッソスに建造された壮麗な墓廟。マウソロスの生前に着工されたが彼の死 (前 353) 後,妃のアルテミシアが建設を継続。完成は妃の死 (前 351) 後と考えられる (11~15世紀破壊) 。設計はサチュロスおよびピュテオス,東西南北の装飾彫刻はそれぞれスコパスレオカレス,ティモテオス,ブリュアクシスが担当。面積 29m× 35.6m,高さ 50m。各面の彫刻,フリーズは発掘され,ロンドンの大英博物館に収蔵されている。またローマ人は類似の大規模な墳墓建築もマウソレイオンと呼んだ。今日では英語 mausoleumは墓廟をさす語として用いられている。マウソレイオンは,その特異な形と複雑な装飾から世界の七不思議の一つとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマウソレイオンの言及

【マウソレウム】より

…ギリシア語ではマウソレイオンMaussōlleion。小アジアのカリアの総督マウソロスのために,彼の新都ハリカルナッソスに建築家ピュテオスPytheosが建てた大墓廟建築。…

※「マウソレイオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マウソレイオンの関連キーワードアルテミシア2世マウソレウムクアドリガチモテオス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android