コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウソロス霊廟 マウソロスレイビョウ

デジタル大辞泉の解説

マウソロス‐れいびょう〔‐レイベウ〕【マウソロス霊廟】

Mausōleion》古代都市ハリカルナッソスにあった霊廟。現在のトルコ南西部の港町ボドルムに位置する。紀元前4世紀にカリア国のマウソロス王とその妻アルテミシアの墓所として、ギリシャ人建築家ピティオスとサティロスの設計で建造。高さ55メートルに及ぶ壮麗な建物として、古代世界の七不思議の一つに数えられた。12世紀の地震で崩壊し、15世紀にヨハネ騎士団が築いたボドルム城の石材として利用されたため、基壇部分のみが残っている。19世紀の発掘調査で発見されたマウソロスの像などの出土品は、現在、大英博物館に所蔵されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マウソロス霊廟の関連キーワードレ・バングラス百科事典

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android