コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マエソ Saurida macrolepis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マエソ
Saurida macrolepis

ヒメ目エソ科の海水魚。全長 35cm内外。体はほぼ円筒状で細長く,頭部はやや縦扁する。口は大きく切れ込み,眼の後縁より後方に達する。歯は鋭く,数列あり,内側に倒れる。鱗は円鱗で落ちやすい。背鰭は体の中央よりやや前方にあり,それと尾鰭との中間に脂鰭がある。体の背・側面は黄褐色腹面白色浅海の砂泥底にすみ,小魚甲殻類などを主食とする。本州中部以南,インド・西太平洋に分布する。食用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

マエソ

 [Saurida undosquamis].クロエソともいう.ヒメ目エソ科の海産魚.全長50cmほどになる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マエソ
まえそ / 真狗母魚
lizardfish
[学]Saurida undosquamis

硬骨魚綱ハダカイワシ目エソ科に属する海水魚。南日本からインド洋にかけて浅い海の砂泥底に生息する。食用とされる。尾びれの上縁に黒色点が並んでいるのが特徴。体長50センチメートルほどになる。[上野輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マエソの関連キーワードSaurida undosquamisエソ(狗母魚)狗母魚・鱛トカゲエソイワブクロスナエソ狗母魚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マエソの関連情報