コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカルー Makalu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカルー
Makalu

ヒマラヤ山脈中部,クーンブヒマール (エベレスト山群) に属し,ネパールと中国チベット (西蔵) 自治区との国境稜線上に位置する高峰。標高は 8463mで世界第5位。北側にマカルー II (7660m) ,チョモレンゾー (7790m) が連なり,北西方にはチャゴ,ペタンツェを経てローツェエベレストが続く。 1955年5月,J.フランコを隊長とするフランス隊がバルン氷河からマカルー氷河に入り,北西稜のルートをたどって初登頂に成功。さらに 70年5月,日本山岳会東海支部隊 (隊長原真) が南東稜からの第2登に成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マカルー【Makalu】

ネパールと中国のチベット自治区との国境、ヒマラヤ山脈中の世界第五位の高峰。エベレストの南東に位置する。海抜8463メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マカルーの関連キーワードサガルマータ国立公園カンチェンジュンガ山チョモ・レンゾー山チョー・オユー山エベレスト[山]チベット自治区八千メートル峰サンダクプーチャムラン山ヒマラヤ山脈マカルー山竹内洋岳ヒラリーマカロン登山

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マカルーの関連情報