コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガタマモ(勾玉藻) マガタマモ Boergesenia forbesii

2件 の用語解説(マガタマモ(勾玉藻)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガタマモ(勾玉藻)
マガタマモ
Boergesenia forbesii

緑藻類ミドリゲ目マガタマモ科の海藻。潮間帯の岩上に群生する。藻体は勾玉のような形に曲って基部に環状のくびれがある。高さ 2.5cmぐらい。南西諸島からマレー諸島ポリネシアインド洋など暖海にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マガタマモ【マガタマモ(勾玉藻) Boergesenia forbesii (Harvery) Feldmann】

長さ2~5cm,直径5~8mmの棍棒状,多核単細胞性の緑藻(イラスト)。和名は体が少し屈曲して勾玉に似ることに由来する。似た緑藻のバロニアとは体の基部に環状のくびれをもつことで区別できる。ピンセットや針で突くなど,外部からの簡単な刺激により体内に小球状の原形質塊を多数つくり,これらは体外で容易に発生して親植物になる性質がある。小球体は初めは裸の原形質塊であるが,その後,細胞膜や細胞壁を形成するので形態学や生理学のよい実験材料となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マガタマモ(勾玉藻)の関連キーワードドウダンツツジバイカモ(梅花藻)パンノキイヌガラシツクバネウツギアサヒラン(旭蘭)カヤランシロイヌナズナフクロユキノシタミズキンバイ(水金梅)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone