マガタマモ(勾玉藻)(読み)マガタマモ(英語表記)Boergesenia forbesii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガタマモ(勾玉藻)
マガタマモ
Boergesenia forbesii

緑藻類ミドリゲ目マガタマモ科の海藻。潮間帯の岩上に群生する。藻体は勾玉のような形に曲って基部に環状のくびれがある。高さ 2.5cmぐらい。南西諸島からマレー諸島ポリネシアインド洋など暖海にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マガタマモ【マガタマモ(勾玉藻) Boergesenia forbesii (Harvery) Feldmann】

長さ2~5cm,直径5~8mmの棍棒状,多核単細胞性の緑藻(イラスト)。和名は体が少し屈曲して勾玉に似ることに由来する。似た緑藻のバロニアとは体の基部に環状のくびれをもつことで区別できる。ピンセットや針で突くなど,外部からの簡単な刺激により体内に小球状の原形質塊を多数つくり,これらは体外で容易に発生して親植物になる性質がある。小球体は初めは裸の原形質塊であるが,その後,細胞膜細胞壁を形成するので形態学や生理学のよい実験材料となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android