マキノ 智子(読み)マキノ トモコ

20世紀日本人名事典の解説

マキノ 智子
マキノ トモコ

大正・昭和期の女優



生年
明治40(1907)年1月29日

没年
昭和59(1984)年10月20日

出生地
京都府京都市上京区千本

本名
加藤 恵美子(カトウ エミコ)

旧姓(旧名)
牧野

別名
別名=マキノ 輝子(マキノ テルコ)

経歴
日本映画の父といわれた牧野省三の四女。舞台子役を経て、牧野教育映画「万寿姫」で映画デビュー。その後マキノ輝子の芸名で大正末から昭和初期までマキノ映画のナンバーワン・スターとして数多くの映画に出演。当時の代表作に「三人姉妹」「日輪」など。のち智子と改名、俳優の沢村国太郎と結婚した。昭和6年マキノ映画解散後は日活、東亜キネマなどで活躍したが、12年に引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

マキノ 智子
マキノ トモコ


職業
女優

本名
加藤 恵美子(カトウ エミコ)

旧名・旧姓
牧野

別名
別名=マキノ 輝子(マキノ テルコ)

生年月日
明治40年 1月29日

出生地
京都府 京都市上京区千本

経歴
日本映画の父といわれた牧野省三の四女。舞台子役を経て、牧野教育映画「万寿姫」で映画デビュー。その後マキノ輝子の芸名で大正末から昭和初期までマキノ映画のナンバーワン・スターとして数多くの映画に出演。当時の代表作に「三人姉妹」「日輪」など。のち智子と改名、俳優の沢村国太郎と結婚した。昭和6年マキノ映画解散後は日活、東亜キネマなどで活躍したが、12年に引退。

没年月日
昭和59年 10月20日 (1984年)

家族
父=牧野 省三(日本映画の父),夫=沢村 国太郎(俳優),息子=長門 裕之(俳優),津川 雅彦(俳優),弟=マキノ 雅広(映画監督),マキノ 光雄(映画製作者)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android