マキラドーラ(英語表記)maquiladora

翻訳|maquiladora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マキラドーラ
maquiladora

メキシコのティフアナ市などアメリカ国境沿いに設けられた保税輸出加工区。アメリカへの製品輸出を行なう企業のうち,原材料半製品を輸入しメキシコ国内で加工・組み立てを行なう者に対して優遇措置を設けた。アメリカ,日本などからの資本の誘致を通じた外貨獲得と国内の雇用増を目的に 1965年に創設。アメリカの 10分の1程度といわれる安い労働力を求めて,自動車・電気などの機械産業を中心に企業が多数進出した。しかしアメリカとカナダ,メキシコとの間で 1994年1月北米自由貿易協定 NAFTAが発効したのをうけ,2000年末に北米向け保税制度は廃止。代わって,原材料や部品の関税を軽減する特恵関税制度が導入されたが,北米向け生産拠点としての優位性にはかげりがみえ始めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マキラドーラ

メキシコで発展している独特の輸出加工工業のこと。メキシコ政府が雇用促進,外貨獲得などを目的に関税面の優遇措置を講じて外国資本誘致をはかり,1973年ごろから米国との国境をはさんでツイン・プラント(双子工場)が発展。メキシコの低賃金に加え,北米自由貿易協定(NAFTA)地域の広大な市場を期待して,米国はじめ,日本,韓国のエレクトロニクス,自動車などの企業が多数進出している。
→関連項目シウダード・フアレスティフアナマタモロスメキシコ(国)メヒカリ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

マキラドーラ【maquiladora】

スペイン maquila(粉引き料)+dora(黄金)〕
メキシコがアメリカや日本の資本誘致を目的として、1965年に設けた税制上の優遇措置。また、アメリカ国境沿いに設けた保税輸出加工区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android