コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシミリアン2世ヨーゼフ マクシミリアンにせいヨーゼフMaximilian II Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシミリアン2世ヨーゼフ
マクシミリアンにせいヨーゼフ
Maximilian II Joseph

[生]1811.11.28. ミュンヘン
[没]1864.3.10. ミュンヘン
バイエルン王 (在位 1848~64) 。ルートウィヒ1世の長男。ゲッティンゲンとベルリンで歴史,政治学を学び,広くドイツ,ギリシア,イタリアを旅行。皇太子時代には歴史家 L.ランケら学者,芸術家たちと交わった。 1848年父の退位に伴って即位。小邦を糾合して,プロシア,オーストリアに対抗する第3勢力を築こうとしたが失敗。バイエルンのファルツ地方の一揆鎮圧にはプロシアの助けを借りたが,同盟せずむしろ親オーストリアの態度を取った。国内的には言論の自由を許し,責任内閣制を導入するなど開明化を行い,首都ミュンヘンに学者たちを招き,バイエルン学士院の部門を創設するなど,ドイツの文芸の中心地とした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マクシミリアン2世ヨーゼフの関連キーワードルートウィヒ2世ルートウィヒ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android