コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクセンチウス マクセンチウスMaxentius, Marcus Aurelius Valerius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクセンチウス
Maxentius, Marcus Aurelius Valerius

[生]?
[没]312.10.28. ローマ
ローマ皇帝 (在位 306~312) 。マクシミアヌス帝の子。父帝の退位 (305) 後帝位を継承できなかったが,副帝セウェルスに対するローマ市民,近衛軍の反感を背景に,306年ローマ市で蜂起して帝位を宣し,父をも復位させた。次いでセウェルスを倒し,イタリア,ヒスパニア,アフリカを支配。キリスト教迫害を緩和。コンスタンチヌス帝と戦い,ミルウィウス橋で敗れ,軍もろともテベレ川で溺死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マクセンチウスの関連キーワードコンスタンチヌス1世(大帝)コンスタンチヌスのバシリカマルケルス1世エウセビウスミルチアデスマジェンタラバルム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android