コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクティーグ マクティーグ McTeague

2件 の用語解説(マクティーグの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マクティーグ(McTeague)

ノリスの小説。1899年刊。もぐりの歯科医マクティーグが妻を殺害して破滅への道を突き進むさまを描く。米国における自然主義文学の先駆となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクティーグ
まくてぃーぐ
McTeague

アメリカの作家、ノリスの代表作。1899年刊。邦訳名『死の谷』。サンフランシスコ歯医者マクティーグは患者のトリナ・シェップと結婚するが、トリナの従兄(いとこ)マーカス・ショーラーによって無免許医であることを警察に密告され、職を失う。彼は堕落の一途をたどり、遺伝による獣性をむき出しにして、酒におぼれ暴力を振るう。妻のトリナも遺伝と環境から異常な守銭奴に成り果てる。結局マクティーグは妻を殺し、金を奪って逃走する。彼は追跡するマーカスと「死の谷」で格闘するが、マーカスを殺したものの、ついに逮捕されてしまう。副題に「サンフランシスコの物語」とあり、カリフォルニアの地方色を生かした自然主義小説の古典といわれる。1924年、エーリヒ・フォン・シュトロハイムの脚本・監督で映画化され、『グリード(強欲)』のタイトルで公開された。サイレント映画末期の自然主義リアリズムの名作として名高い。[井上謙治]
『石田英二・井上宗次訳『死の谷』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクティーグの関連キーワードブロンテアンクルトムの小屋ゴンクール掌編小説フォレスターモダンホラー赤い数珠赤い輪813三つの眼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクティーグの関連情報