コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクドナルド諸島 マクドナルドしょとうMcDonald Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクドナルド諸島
マクドナルドしょとう
McDonald Islands

南インド洋南部,南極収束線上に浮ぶ諸島。オーストラリア領で,パースの南西約 4000km,南極大陸まで 1700kmの地点に位置する。岩だらけの無人島群であるが,火山性の島であるため,地球形成のプロセスを観察することができる。同諸島の東 40kmにあるハード島とともに,1997年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マクドナルド‐しょとう〔‐シヨタウ〕【マクドナルド諸島】

McDonald Islands》インド洋に浮かぶオーストラリア領の島。タスマニア州に属す。オーストラリア大陸南西岸の南西約4100キロメートル、南極大陸の北約1700キロメートルに位置し、東約44キロメートルにハード島がある。マクドナルド島と二つの小島があったが、20世紀末以降の活発な火山活動により一つの島になった。1997年、「ハード島とマクドナルド諸島」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マクドナルド諸島の関連キーワードタスマニア州

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android